h1

唇の荒れ

ヘッダータイトル背景画像
コンテンツ
しつこい唇の皮むけ、ひび割れ…どうすれば繰り返さない?
唇ケアの達人になる!
うるおいのあるふっくら唇めざして、セルフケア。

なぜ唇は荒れやすいの?

唇がバリバリに乾いて、口紅が塗れない!!
そんな困った経験ありませんか?
唇は角層が薄く皮脂腺がないため、自力ではバリア機能をつくれない、とてもデリケートな部位。
話す・食べる・表情をあらわすなど、日常生活でも動きが多いうえ、食品や化粧品、紫外線、風など様々な刺激や体調の変化に影響を受けやすく、荒れやすい部位です。
皮膚のターンオーバー周期は約28日ですが、唇は3~4日。
きちんとケアすれば早く治りやすく、放っておけば症状が進行するのが特徴です。

こんなにある!唇トラブルの症状。

ひと言で唇の荒れといっても、いろいろな症状があります。

  • 口唇炎

    口唇炎
    唇が赤くはれてヒリヒリしたり、皮がめくれたり、亀裂が入ったりします。

  • 口角炎

    口角炎
    口角がただれて炎症し、切れて口を開けるのも痛い状態に。

  • 口唇のひび割れ

    口唇のひび割れ
    唇が乾燥して、ひび割れができて血がにじむことも。

  • 口唇のただれ

    口唇のただれ
    唇に水泡ができたり、かさぶたになったりします。

唇が荒れやすい人って?

あなたも無意識にやっていませんか!?唇が荒れやすい人の習慣・行動パターン。

  • 唇をなめるクセがある。 → 触ったりなめたりすると余計に乾燥してしまいます。
  • つい手で皮をむいてしまう。 → 皮をむくと傷を深くし、悪化してしまう場合も。
  • 水やお茶ボトルを持ち歩いている。 → リップクリームを塗ってもすぐ取れてしまうことに。
  • 車で移動することが多い。 → 車の中は乾燥しています。
  • 野外で行なう仕事、もしくは外回りの仕事をしている。 → 冷たい外気に触れることで乾燥が進行します。
  • 日中はエアコンが直撃する場所にいる。 → 唇に風が直接触れると乾燥が進行します。
  • 辛い食べ物をよく食べる。 → 辛いものは刺激になります。
  • 唇に押しつけるようにリップクリームを塗るクセがある。 → 表面の摩擦が唇を痛めてしまいます。
  • 冬はスキー、スノーボードによく行く。 → 紫外線の影響により荒れやすくなります。
  • 唇が荒れやすい人の習慣・行動パターン

おやすみ前

プチコラム

「お部屋の乾燥も、唇にはピンチ!」

気がついたら暖房でお部屋がカラカラに乾燥していること、ありませんか。お肌だけではなく、唇からもうるおいを奪っています! 加湿器などを使って、乾燥を防ぐことが大事。
また、濡れた洗濯物を部屋に干すことも、グッドアイデアです。
毎日のちょっとした工夫で、いつでもうるおったふっくら唇をめざしましょう。

汎用DB:一覧