汎用DB:詳細
乾燥肌と敏感肌はどう違う?乾燥が敏感肌を引き起こす仕組みとは

乾燥肌と敏感肌はどう違う?乾燥が敏感肌を引き起こす仕組みとは

肌の乾燥に悩まされている方は少なくありません。特に、オフィスをはじめ、一年中エアコンが効いている職場で働く方の多くが、肌の乾燥に悩まされています。肌の乾燥を放置すると敏感肌になってしまうこともあるので、早めの対策をしたいところです。
この記事では、乾燥肌と敏感肌の違いを踏まえたうえで、肌の乾燥を防ぐための対策を紹介します。



この記事は約7分で読み終わります。


乾燥肌と敏感肌の違い


自分の肌が敏感肌か乾燥肌かわからず、ケアの方法に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。では、乾燥肌と敏感肌にはどのような違いがあるのでしょうか。

両者の違いについて見ていきましょう。

乾燥肌

乾燥肌とは、肌の水分が不足して乾燥している状態の肌のことです。

乾燥肌には以下のような特徴があります。

・肌にカサつきやゴワつきがある
・メイクのノリが悪い
・洗顔や入浴後に肌がつっぱる など


乾燥肌は水分が不足しているので、肌の透明感やツヤが失われ、シワっぽく見えることもあります。肌を触るとカサつきやゴワつきを感じ、さらに乾燥が進行すると肌表面に粉が吹くこともあります。

ファンデーションを塗ってもノリが悪く、仕上がりに満足できないこともしばしばです。

また、肌のうるおいが不足していることから、洗顔や入浴後に肌がつっぱりやすく、ていねいな保湿ケアが必要となります。

敏感肌

敏感肌とは、紫外線やホコリなどの刺激に敏感に反応してしまう状態の肌のことです。

敏感肌の代表的な症状は以下のとおりです。

・肌がムズムズしてかゆみがある
・肌に赤みがある
・肌がピリピリしたり痛みを感じたりすることがある など


かゆみ・赤み・痛みは敏感肌によく見られる症状です。特定のスキンケア用品を肌に使用したときに「かゆくなった」「ヒリヒリした」といった経験があるなら、敏感肌の可能性があるといえるでしょう。

とはいえ、肌に刺激になる要素は人によって異なります。少し紫外線を浴びただけで赤く炎症したりかゆみが出たりする人もいれば、寒暖差などが肌に刺激となる人もいます。


目次へ

乾燥肌だと敏感肌になりやすい?

乾燥肌をそのままにすると、肌の乾燥が進行して敏感肌になることがあります。

エアコンが普及したことにより、現代人は季節を問わず一年中、肌が乾燥しやすい環境で生活するようになりました。肌が乾燥すると、肌のキメが粗くなったり、肌がカサついたりするだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こすので注意が必要です。

健康な肌は、皮膚のバリア機能が正常に働き、外部刺激から体を守っています。しかし、肌が乾燥して肌表面にある角層の水分が減少すると、皮膚のバリア機能が低下してしまいます

皮膚のバリア機能が低下すると、肌は外部刺激を受けやすい状態になってしまい、ちょっとした刺激でも敏感に反応し、かゆみや炎症などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。そういった理由からも、肌の乾燥は肌トラブルのもとといえるでしょう。


目次へ

バリア機能が低下してしまう仕組み

ここまでは、「肌の乾燥が皮膚のバリア機能の低下につながる」ということについて、解説しました。

次は、皮膚のバリア機能が低下する仕組みについて、さらに詳しく確認していきましょう。

水分量の不足=バリア機能の低下

ヒトの肌はとてもデリケートで、環境やストレスの影響を強く受けます。環境の変化やストレスなどが原因となって皮膚の水分量が不足すると、バリア機能の低下を招いてしまいます

皮膚は、いくつかの層で構成されています。皮膚の表面の部分が「角層」、その下にあるのが「顆粒層」、そして「有棘層」「基底層」の順です。この4つの層で表皮が構成されています。

皮膚のもっとも外側にある角層は、大人でも厚みが約0.02mmしかないといわれています。とても薄い角層ですが、皮膚のバリア機能において大きな役割を果たしています。

皮膚が乾燥すると角層の細胞間がすき間だらけになり、皮膚のバリア機能が低下して外部刺激を受けやすくなります。そのため、気温の変化や紫外線、雑菌、アレルゲンなどが肌への刺激となり、肌トラブルを起こしやすい敏感肌になってしまいます。


目次へ

肌の乾燥を防ぐための対策

肌の乾燥を放置すると、敏感肌になる可能性が高まります。つまり、敏感肌を予防するには、肌の乾燥対策を行うことが重要だといえるでしょう。


それでは、肌の乾燥を防ぐためには何を行えば良いのでしょうか。具体的な対策について紹介します。

部屋を加湿する

エアコンが効いた部屋に長時間いると、肌が乾燥してつっぱりますよね。エアコンは空気中の水分を奪うので、長時間使用すると空気が乾燥してしまいます

エアコンを使用する際は、加湿器を使って部屋の湿度を調整しましょう。部屋の湿度は40~60%が理想とされており、湿度が高すぎてもカビやダニなどの発生原因となるので注意が必要です。

外出先で肌の乾燥が気になるときは、ミスト化粧水などを使って定期的に肌にうるおいを与えましょう

紫外線対策をする

紫外線がシミやシワなどの肌老化を引き起こすことは、一般的によく知られています。しかし、紫外線の影響はそれだけではありません。

紫外線を浴び続けていると、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。その結果、皮膚の水分が蒸発しやすい状態になり、肌の乾燥を招いてしまうのです。

肌の乾燥を防ぐには、紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

まず、日焼け止めを塗ることを徹底しましょう。外出時はもちろん、紫外線は窓ガラスを透過するため、室内で過ごすときも日焼け止めを塗るのがおすすめです。

短時間紫外線を浴びただけでも肌へのダメージにつながるため、無防備な状態で外出しないようにしましょう。

日焼け止めのほかにも、帽子や日傘、ストールなどを使用すれば紫外線から肌を守れます。夏でも外出時は長袖長ズボンなどを着用するのも、紫外線対策におすすめです。

バランスのよい食生活を心掛ける

肌細胞は食べたものからつくられるので、バランスの良い食事で肌を内側からケアすることも欠かせません。特に、以下の栄養素を意識して摂取しましょう。

摂取したい栄養素 主な役割 含まれている代表的な食材
タンパク質 肌細胞をつくる 肉、魚、大豆、大豆製品
ビタミンA 皮膚のターンオーバーを促進する ウナギ、レバー、ニンジン
ビタミンB群 皮膚や粘膜の健康維持に関係する 豚肉、レバー、納豆など
ビタミンC 肌の弾力やハリを保つコラーゲンを生成する ブロッコリー、柑橘類、イチゴ

しっかり睡眠をとる

健やかな肌をキープするには、皮膚のターンオーバーのサイクルが維持されていることが欠かせません。

皮膚のターンオーバーは、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンによって促進されているため、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下します。その結果、皮膚のターンオーバーも乱れてしまいます。

肌の乾燥を防ぐには十分な睡眠時間を確保すること、また、質の良い睡眠をとることが大切です。

適切なスキンケアを心がける


「洗い過ぎ」「保湿が十分でない」などの間違ったスキンケアは、肌の乾燥を招きます。

特に、「洗い過ぎ」は皮膚のバリア機能を低下させる原因となるので注意してください。皮膚のバリア機能を低下させないためにも、低刺激な洗顔料を選ぶことをおすすめします。

洗顔時に肌をこすると角層にダメージを与えてしまうので、手でゴシゴシとこすらないようにしましょう。洗顔料をしっかりと泡立てて、きめ細やかな泡で包み込むようにやさしく洗顔することが大切です。

すすぐときは、ぬるま湯を使いましょう。熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂を洗い流してしまうため、注意しましょう。

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態なので、すぐにスキンケアを行いましょう。化粧水で水分を補い、その後は乳液やクリームなどを重ねて、水分と油分のバランスを保ちましょう。そうすることで、肌を乾燥から守ることができます。

敏感肌の正しいスキンケア方法については、以下の記事をご参考ください。
敏感肌には正しいスキンケアが大事!敏感肌の原因やスキンケア用品の選び方も紹介

目次へ

まとめ

敏感肌を予防するためには、日頃からの乾燥対策が欠かせません。

エアコンによる乾燥や紫外線によるダメージ、睡眠不足や偏った食生活は、いずれも肌の乾燥の原因になります。そのような状況を避けるためにも、環境や生活習慣の改善を行いましょう。

もちろん、日々適切なスキンケアを続けることも大切です。環境改善とスキンケアを適切に行って、トラブル知らずの健やかな肌を目指しましょう。

この記事に関連する製品

(写真は一部の製品です)
バリア機能が低下しがちな敏感肌におすすめなのが、ユースキン シソラです。昔からさまざまな機能があることが知られている“しそ”のうるおす力に着目して開発したのがシソラ。肌をうるおし、肌荒れを防ぐ低刺激性スキンケアシリーズなので、ピリピリ刺激を受けやすい敏感肌にもお使いいただけます。

シソラの大きな特長は、北海道の契約農家で栽培したしそを使用した「しその葉エキス」を配合していることです。うるおす力に優れた「しその葉エキス」が、肌をやさしく保湿します。また、抗炎症作用のある有効成分として、ローションにはグリチルレチン酸ステアリル、クリームとソープにはグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、肌荒れを防止します。

シソラシリーズは「洗う」「うるおす」「守る」の3タイプ。「洗う」タイプには、肌のうるおいをまもってやさしく洗い上げるボディシャンプーと洗顔にぴったりのソープの2種、「うるおす」タイプには、顔やからだの保湿におすすめのクリームとローションの2種があり、チューブ・ポンプ・ボトルタイプから選べます。そして「守る」タイプには、毎日の紫外線から肌を守るUVミルク。無香料・無着色、紫外線吸収剤フリー・アルコールフリーの低刺激処方。肌が敏感な方にもおすすめです。

ユースキン シソラは、ユースキン公式SHOPで販売しております。

目次へ

汎用DB:一覧(こちらの記事も読まれています)

こちらの記事も読まれています

乾燥肌の改善には食べ物が大事!きれいな肌を保つために必要な栄養素とは
乾燥肌 2023年11月07日

乾燥肌を改善するには、スキンケアだけでなく食事にも気をつける必要があります。肌に必要な栄養が不足すると、肌の乾燥が...

最終更新日 : 2023年11月07日

赤ちゃんが日焼けしたときの対処法!赤ちゃんのための日焼け対策
敏感肌 2023年03月31日

大人と同じように、赤ちゃんも日焼けします。では、赤ちゃんが日焼けしてしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか?

最終更新日 : 2023年03月31日

子供の湿疹は乾燥によるもの?肌トラブルへの対処法
かゆみ乾燥肌 2021年12月07日

子供の肌はデリケートなので、ちょっとした刺激でかゆみや湿疹などの肌トラブルが起きることがありますが、乾燥性の湿疹も...

最終更新日 : 2023年01月27日

汎用DB:カテゴリメニュー(注目キーワード)