汎用DB:詳細
敏感肌には肌のうるおいが大切!正しい保湿の方法とは

敏感肌には肌のうるおいが大切!正しい保湿の方法とは


敏感肌の方はさまざまな刺激を受けやすい状態になっているため、赤みやかゆみなどの肌トラブルが生じやすい傾向にあります。敏感肌対策には「保湿」が大切です。この記事では、敏感肌における保湿の重要性についてご紹介します。敏感肌に悩む方は、スキンケアの参考にしてみてください。



この記事は約7分で読み終わります。

どうして敏感肌には保湿が必要なのか?


まずは、敏感肌にはどうして保湿が必要なのか?ということについて、その理由を説明していきます。

皮膚の乾燥は敏感肌の原因になる

一般的に敏感肌とは、外部から受けるさまざまな刺激から体を守る、皮膚のもっとも外側にある角層のバリア機能が低下している状態の肌のことをいいます。 角層のバリア機能は主に、皮膚に必要な水分を保持するセラミドなどの細胞間脂質、角質細胞の中で水分を引き寄せるNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)、水分の蒸発を肌表面で防ぐ皮脂膜の3つが重要な役割を担っています。 しかし、さまざまな原因によりこれら3つが少なくなると、肌の水分を保つ能力が低下し、皮膚のバリア機能も低下した状態となってしまいます。そうなると、刺激物質やアレルギー物質、さらに細菌などが体内に侵入しやすくなります。その結果、かゆみや赤みなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

バリア機能が低下する原因

皮膚のバリア機能が低下する原因は、大きく外的要因と内的要因の2つに分けられます。

外的要因 ・紫外線
・ハウスダスト
・花粉
・間違ったスキンケア法
・乾燥 など
内的要因 ・ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・更年期障害
・遺伝 など

皮膚のバリア機能を低下させる原因はひとつではなく、さまざまな要因が影響を与えています。乾燥や肌トラブルが起きると、さらに皮膚のバリア機能を低下させる悪循環に陥りやすいので、不調に気が付いたら早めの対処を心がけましょう。

肌が敏感になっている原因がアレルギー症状によるものであれば、皮膚科などで治療する必要があります。生活習慣や間違ったスキンケアによって引き起こされている場合は、普段の生活を見直しましょう。

自分を取り巻く環境を改善して、皮膚のバリア機能を正常に近づけていくことが大切です。

敏感肌になると厄介な肌トラブルが起きる

敏感肌になると、皮膚にさまざまな症状が起こります。

ヒリヒリする、かゆみを感じる、肌あれ、ニキビ、赤みなど、敏感肌には人それぞれに多様な症状があります。健康的な肌状態であれば、さほど刺激に感じないようなハウスダストや紫外線などでも、敏感肌になると不調を感じるようになるケースがあります。同じように、普段使っているスキンケアアイテムが肌トラブルを引き起こすのも、敏感肌の症状のひとつといえるでしょう。

さらに、頭皮が敏感になってしまうと、フケやかゆみの原因となり、きちんと洗髪していても、周りの人に不衛生な印象を与えてしまいます。

また、腕や脚の皮膚がかゆくなってかいてしまうと、肌表面に粉が吹いてしまうこともあります。かいてしまうことで、さらにかゆくなって症状を悪化させてしまう悪循環も引き起こしてしまいます。

 




目次へ

【敏感肌対策】保湿するうえで重視したいポイント


最初に説明したように、敏感肌は皮膚のバリア機能が低下している状態です。皮膚のバリア機能を保持するためには、角層に十分な水分を与えなくてはなりません。つまり、敏感肌対策においては保湿がとても重要になるのです。 スキンケア製品は、正しく使ってこそ効果を発揮します。敏感肌になったときの保湿のポイントをみていきましょう。

洗顔後にすぐ化粧水で保湿する

まず、洗顔をしたらすぐに化粧水で肌を保湿する必要があります。顔を洗うと汚れとともに皮脂も洗い流されてしまうため、肌は乾燥に弱い状態になります。洗顔後はなるべく早いうちに化粧水をつけ、水分を補給して肌を乾燥から守りましょう。 洗顔後の保湿は、使用量を守って使うのがポイントです。ベタつきが気になるからと少量で済ませてしまうと、十分な保湿効果が得られない可能性があります。 顔全体に行き渡るように、規定量を使いましょう。より保湿力を高めたい場合は、重ね付けや美容液をプラスするのが効果的です。

やさしくなじませる

 


化粧水は、やさしく肌になじませる必要があります。敏感肌の方は、手でパッティングするのはおすすめしません。パッティングはバリア機能が低下した皮膚にとって刺激になりやすく、負担をかけます。

同様に、コットンで化粧水を肌に伸ばすのも控えたほうが良いでしょう。コットンも繊維の種類によっては肌を刺激し、かゆみや赤みを引き起こす要因となる可能性があります。

敏感肌になったときは、化粧水は手でつけるのがおすすめです。化粧水は必ず清潔な手のひらに取りだし、両手で伸ばしてから顔全体に塗り広げましょう。乾燥しやすい部位に重点的に化粧水を付け、手のひらで押さえるように、やさしく顔を包んでなじませるのがポイントです。

化粧水の後は乳液やクリームを塗る

化粧水で皮膚に水分を補給したら、最後に乳液やクリームを塗ってうるおいを閉じ込めましょう。化粧水で肌がしっとりするのは、あくまでも一時的です。そのまま放置するとせっかく補った水分が蒸発して、皮膚は乾燥してしまいます。

乳液やクリームを化粧水の後に顔に塗ることで、含まれている油分が保護膜の役割を果たし、皮膚から水分が蒸発するのを防ぎます。保湿ケアは、化粧水と乳液かクリームをセットで行いましょう。

特に、バリア機能が低下した皮膚は乾燥して肌が荒れやすいため、化粧水だけで済ませず、乳液やクリームをしっかり塗って保湿効果を高めましょう。

 

 

目次へ

敏感肌の保湿におすすめのスキンケアアイテム

ここまでは、敏感肌における保湿の重要性や対策方法について説明してきました。実際に保湿のためのスキンケアアイテムを選ぶ場合、どのような商品を選べば良いのか、ポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

肌にうるおいを与える成分が含まれたもの

敏感肌になったときは、皮膚のバリア機能が低下しています。悪化させないためにも、スキンケアでバリア機能をサポートしてくれる成分を外から補うことが大切です。

とはいえ、皮膚のバリア機能が低下すると、ささいな刺激で過敏な反応を示します。乾燥や肌荒れにつながりやすいため、スキンケアアイテムを選ぶときには注意が必要です。無香料、無着色で低刺激な保湿剤を選んで、皮膚のバリア機能を保持するのを目指しましょう。

低刺激性のもの

敏感肌はちょっとした刺激にも過敏になり、せっかくのスキンケアが逆に肌を刺激してしまう可能性があります。そのため、敏感肌向けの低刺激なスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。

低刺激と表示されている商品だからといって、そのアイテムが自分の肌に合うとは限りません。使い始める前は、サンプルやトライアルセットなどで試してみて、自分の肌に合っているかどうか確認することをおすすめします。

 

目次へ

日頃から心がけたい!敏感肌の乾燥対策


敏感肌にならないためには、普段から乾燥を防ぐ生活を送ることも効果的な対策方法です。ここでは、日常生活のなかで取り組める、皮膚の乾燥対策を紹介していきます。皮膚のバリア機能を低下させない生活を目指しましょう。

空気の乾燥を防ぐ

敏感肌の原因として空気の乾燥があります。空気の乾燥と聞くと、冬を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、夏場でもエアコンにより室内の空気が乾燥しており、それが原因で肌の水分も失われています。

そのため、エアコンをつけるときは、加湿器などを上手く活用するなどして、乾燥対策を行うことがおすすめです。

とはいえ、職場によっては加湿が難しい環境もあるかもしれません。その場合は、保湿効果のあるミスト化粧水や保湿クリームなどを常備するようにして、乾燥が気になるときに、こまめに水分を与えるように工夫しましょう。

しっかり入浴する

入浴時にきちんと湯船に浸かることで、血行促進により新陳代謝が良くなり、乾燥を防ぐ効果が期待できます。しかし、間違った入浴方法を行ってしまうと、逆に肌の乾燥を招いてしまうので注意が必要です。熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂まで落としてしまい、皮膚のバリア機能を低下させてしまう可能性があるので、お湯の温度は40℃以下のぬるま湯にすると良いでしょう。

また、入浴時に肌をゴシゴシ強くこすってしまうと、摩擦による刺激で角質を傷つけてしまい、結果として肌に刺激を与えることになってしまいます。そのため、洗浄する際はボディソープや石けんをしっかりと泡立て、手や刺激の少ない柔らかなボディタオルでやさしく洗うようにしてください。

そして、入浴後はすぐに保湿ケアを行いましょう。

濡れた状態の肌を放置し続けると、肌表面の水分の蒸発とともに肌に蓄えられた水分も失われてしまいます。さらに、入浴後の肌は皮脂膜が取れて乾燥しやすくなっているので、お風呂上がりはすぐに体の水分をやさしく拭き取り、ボディミルクやボディクリームなどで保湿ケアを行いましょう。

 

目次へ

まとめ

敏感肌は皮膚のバリア機能が低下した状態のことを指しますが、その原因として乾燥が挙げられます。そのため、敏感肌対策をするには、保湿を十分に行うことが大切です。

また、スキンケアを行う際は肌にうるおいを与える成分が含んだものや低刺激性のものを選ぶのがおすすめです。日頃から乾燥を防ぐためにも、ミスト化粧水などで肌に水分を与えたり、しっかり湯船に浸かったりして、常に健やかな肌状態をキープするようにしましょう。

敏感肌スキンケアシリーズ【ユースキン シソラ】

 
バリア機能が低下しがちな敏感肌におすすめなのが、ユースキン シソラです。昔からさまざまな機能があることが知られている“しそ”のうるおす力に着目して開発したのがシソラ。肌をうるおし、肌荒れを防ぐ低刺激性スキンケアシリーズなので、ピリピリ刺激を受けやすい敏感肌にもお使いいただけます。

シソラシリーズは「洗う」「うるおす」「守る」の3タイプ。「洗う」タイプには、肌のうるおいをまもってやさしく洗い上げるボディシャンプーと洗顔にぴったりのソープの2種、「うるおす」タイプには、顔やからだの保湿におすすめのクリームとローションの2種があり、チューブ・ポンプ・ボトルタイプから選べます。そして「守る」タイプには、毎日の紫外線から肌を守るUVミルクがあります。すべての製品が、無香料・無着色・低刺激処方です。

詳しくは、ユースキン シソラ ブランドサイトで。


目次へ

汎用DB:一覧(こちらの記事も読まれています)

こちらの記事も読まれています

【乾燥対策】子供に使う保湿クリームの選び方とポイント

子供の肌が乾燥しているときは、保湿クリームを使ったスキンケアを行うことが大切です。とはいえ、子供の肌はデリケートなので、...

最終更新日 : 2023年01月27日

【赤ちゃんの肌問題】「よだれかぶれ」はどう対処する?
敏感肌 2021年05月31日

かわいい赤ちゃんの顔がよだれでかぶれていると、心配になりますよね。よだれが出るのは仕方ないことですが、それが原因でかぶれ...

最終更新日 : 2023年01月27日

とにかくかゆい!敏感肌によるかゆみの原因と対処法
かゆみ敏感肌 2019年12月05日

「敏感肌かも?」と気が付くきっかけひとつに、肌のかゆみがありますよね。でも、どうして敏感肌だとかゆみが起こるのかご存知で...

最終更新日 : 2023年01月27日

汎用DB:カテゴリメニュー(注目キーワード)