ホーム » 知る・楽しむ » スキンケアのアンテナ

知る・楽しむ 肌のこと、もっと知って、もっと楽しくスキンケア。ユースキン製薬のさまざまな活動、ちょっと役立つ生活情報などをお伝えしていきます。


スキンケアのアンテナ

風邪・インフルエンザ対策のつもりが、まさかの手荒れ! 手洗いしすぎ!?「手荒れ」どうケアする? 正しい知識とケアで、もう手荒れに悩まない。

手洗いによる「手荒れ」が急増!

ウイルス対策で念入りな手洗いに励み、清潔な手を保つ一方、手荒れに悩む人が増えています。
いつでもスベスベにうるおった美しい手でいたいのに!
予防のつもりでがんばった手洗いが、ガサガサに荒れた手肌を招くなんて…。

なぜ手洗いで「手荒れ」が起こるの?

手荒れの原因は、手洗いの回数の多さと、洗浄力の高い殺菌剤入り石けんの使用で、「必要な皮脂」まで取りすぎてしまうことにあります。 本来、健康でなめらかな皮膚表面の角質層には、雑菌の侵入を防ぐ役割があるのですが、一度手が荒れてしまうとひび割れた角質層の隙間から雑菌が入りやすくなります。
正しい手洗い方法と手洗い後のケアで、手荒れを防ぎましょう。

image

「手荒れ」を防ぐ手洗い方法のポイント。

  • ぬるま湯で洗い、こすりすぎない。

    →高温のお湯は皮脂を奪い過ぎ、乾燥を招きます。

  • ハンドドライヤーは使わない。

    →温風で乾かすハンドドライヤーは、指先を乾燥させます。

  • 手洗い後、髪や服で手を拭かない。

    →洗った手を清潔に保つため、必ずハンドタオルで拭きましょう。
    できれば2枚携帯し、清潔さを保ちましょう。

  • 手洗い後、水分をよく拭き取る。

    →塗れた手をそのままにすると、お肌の乾燥の原因に。しっかりと水気を拭きましょう。
    ハンカチよりも吸水性の良いハンドタオルがオススメです。

image

ハンドクリームをたっぷり塗って、じぶんケア。

手を洗ったらすぐケアができるように、水回りにクリームを置いておくことを心がけてください。
また、外出先でも保湿ができるように、ぜひ携帯しやすいチューブタイプを持ち歩いてみて!
いつでもどこでも、こまめにハンドクリームでケアする習慣をつけましょう。

プチコラム

「ママと一緒にハンドケア!」

手荒れは、小さなお子様の間でも広がっています。
手を洗ったらハンドクリームを塗る習慣を身につけることが大切です。
自然に身につけるコツは、外から帰ってきたら「うがい、手洗い、ハンドクリーム」のセットで覚えること。ちゃんとできたら「えらいね!」と優しくホメてあげましょう。

親子で一緒に楽しく塗りましょう

このページのトップへ