h1

ヘッダータイトル背景画像
汎用DB:詳細

クリックして画像拡大
  • facebook
  • twitter
  • 印刷ボタン
ユースキンI(アイ)ローション
カサカサ肌のかゆみを素早く止める、全身にすーっとしみこんで、広い範囲に塗りやすいローション
全身
第3類医薬品
販売名:ユースキンI ローション
内容量:130mL
希望小売価格:1,400円
● 全身にすーっとしみこむ乳状水タイプのかゆみ止めです。
● 本品にステロイド、尿素は配合されていません。
● 無香料、無着色
● 清涼成分無配合、しみにくい処方です。
● さっぱりとした使用感ながら、お肌はしっとりうるおいます。
● ベタつかないので、塗った後すぐに衣服を着ることができます。
かゆみ、皮ふ炎、しっしん、じんましん、かぶれ、あせも、ただれ
有効成分(1g中):
クロタミトン(鎮痒成分) 20mg
ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分) 10mg
グリチルレチン酸(抗炎症成分) 10mg
ビタミンE酢酸エステル(血行促進成分) 5mg
イソプロピルメチルフェノール(抗菌成分) 5mg

添加物:
水添大豆リン脂質
オリブ油
グリセリン
1,3-ブチレングリコール
ジメチルポリシロキサン
キサンタンガム
カルボキシビニルポリマー
ステアリン酸
トリイソオクタン酸グリセリン
パルミチン酸セチル
セトステアリルアルコール
ミリスチン酸イソプロピル
ステアリン酸ソルビタン
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
トリエタノールアミン
パラベン

*本剤にステロイドは配合していません。
患部を清潔にしてから、1日数回適量を塗布してください。
■ 使用上の注意
● 相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
 (1) 医師の治療を受けている人
 (2) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (3) 湿潤やただれのひどい人
2. 使用後、皮ふに次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、ただちに使用を中止し、箱及び製品を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
症状:発疹・発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感
3. 5~6日間使用しても症状が良くならない場合は使用を中止し、箱及び製品を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

■ 次の注意事項を守ってください。
● 定められた使用法を守ってください。
● 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
● 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診断を受けてください。
● 本剤は外用のみに使用し、内服しないでください。また、口唇などの粘膜には使用しないでください。
● 小児が誤って口にした場合には、まず口の中をふき取ってください。しばらく様子をみて異常がある場合には、医師にご相談ください。

■ 保管及び取扱い上の注意
● 小児の手の届かない所に保管してください。
● 直射日光をさけ、なるべく涼しい所にキャップをきちんとしめて保管してください。
● 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因となったり、品質が変わることがあります。)

この製品のよくあるご質問

『ユースキンI  ローション』は、顔に使えますか?
『ユースキンI  ローション』は、お肌に合っていれば顔にもご使用いただけます。
ご使用前にあごの下等のお肌のやわらかい部分で試し塗りをし、お肌が赤くなる等の異常が出ないことをご確認ください。ご使用の際は、目の中に入らないよう十分ご注意ください。
『ユースキンI  ローション』は、妊娠中・授乳中に使えますか?
『ユースキンI  ローション』には、赤ちゃんに影響を与えるような成分は配合されていませんので、お肌に合えば妊娠中・授乳中もお使いいただけます。
ただし、妊娠中・授乳中はお肌が敏感になることがあります。使用中や使用後、または直射日光にあたって赤み・かゆみ・刺激などの異常があらわれた際は、ただちにご使用を中止し、水もしくはぬるま湯で洗い落としてください。
ご心配な場合は、医師にご相談ください。
『ユースキンI  ローション』は何歳から使えますか?
『ユースキンI  ローション』は、お肌に合えば、年齢を問わずお使いいただけます。
お肌に合うか確かめる方法は、『ユースキンI  ローション』が、自分の肌に合うか確かめる方法を教えてください。」の欄をご覧ください。
『ユースキンI  ローション』が、自分の肌に合うか確かめる方法を教えてください。
ご使用前に、腕の内側など皮膚の柔らかいところに少量試し塗りをして、お肌が赤くなる等の異常が出ないことをお確かめのうえ、ご使用ください。
『ユースキンI  ローション』は、開封後はどれくらいの期間使えますか?
開封後は、毎日ご使用いただくなど、なるべく早く使い切ってください。品質低下を防ぐため、直射日光・高温多湿を避けた涼しいところで保管してください。
使用期限内であっても、色やにおい等に変化を感じた場合は、ご使用にならないでください。
使用期限を過ぎた『ユースキンI  ローション』を使ってもいいですか?
使用期限を過ぎた製品は、品質を保証できません。ご使用にならないでください。
『ユースキンI  ローション』を誤飲してしまいました。どうしたらよいですか?
『ユースキンI  ローション』には、安全性の高い原料を使用しておりますので、少量誤飲された程度では、ほとんどの場合中毒の恐れはありません。
ただ、油分が多いため、まれにお腹がゆるくなる場合があります。
お口の中にローションが残っている場合は、濡らしたガーゼ等でぬぐっていただき、可能であればうがいをしてください。
また、誤飲後2~3時間程度様子を見ていただき、具合が悪くなるなど異常を感じた場合は、医師にご相談ください。
『ユースキンI  ローション』の中身を他の容器に詰め替えてもいいですか?
誤使用や品質低下につながる恐れがありますので、他の容器への詰め替えはおやめください。
『ユースキンI ローション』は、どんなかゆみに効きますか?
以下のかゆみを素早くとめます。
・ 乾燥によるかゆみ ・ お風呂上がりのかゆみ ・ 衣類や下着のしめつけによるかゆみ ・ 就寝中のかゆみ ベタつかないので、塗ってすぐに衣服を着ることができます。
『ユースキンI ローション』は、頭皮に使えますか?
かゆみ等の症状がある場合、『ユースキンI ローション』は、お肌に合っていれば頭皮にご使用いただけます。ご使用前に少量を試し塗りし、お肌が赤くなる等の症状が出ないことをご確認ください。 ご使用の際は、目の中に入らないよう十分ご注意ください。
『ユースキンI ローション』はかゆみが無くても、保湿剤として使えますか?
『ユースキンI ローション』は治療を目的とした医薬品のため、かゆみ等の症状がある時にお使いください。保湿剤としてはご使用にならないでください。
“無香料”と書いてありますが、少しにおいがします。
香料は配合していませんが、配合原料そのもののにおいが感じられる場合があります。
『ユースキンI(クリーム)』と『ユースキンI  ローション』はどのように使い分ければ良いですか?
クリームかローションかの違いはありますが、効能効果及び有効成分の配合量は同じです。
広範囲にお使いの場合は『ユースキンI ローション』、局所的にお使いの場合は『ユースキンI(クリーム)』といった使い分けをおすすめします。
『ユースキンI  ローション』は、医療費控除の対象になりますか?
治療目的でご購入いただいた場合は対象になります。
『ユースキンI  ローション』は、セルフメディケーション税制の対象になりますか?
対象になりません。現在、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に該当するユースキン製品はありません。
購入前に『ユースキンI  ローション』を試したいのですが、サンプルはありますか?
『ユースキンI  ローション』は、サンプルのご用意がありませんが、効能が同じである『ユースキンI(クリーム)』には、4gのサンプルをご用意しております。ご希望の際は、お客様相談室フリーダイヤル(0120-22-1413)までお問い合わせください。
※ お送りできる『ユースキンI(クリーム)』サンプルの個数は、同一世帯につき一つです。 
※ 過去に『ユースキンI(クリーム)』サンプルをお送りした方に、再度『ユースキンI(クリーム)』サンプルをお送りすることは出来ません。

右上のをクリックすると、表示されます。

同じシリーズの製品

関連製品(プラスワンスキンケア)

スキンケア情報

条件検索ページへ戻る

条件検索へ