ホーム » ニュースリリース

ニュースリリース


発表資料:2015年12月7日

汗をふきながらお肌にうるおいを与えて、汗による肌あれ「汗あれ」を防ぐ

「ユースキン 薬用あせもシート」新発売

いつでもどこでも汗あれ対策・あせも予防を

ユースキン製薬株式会社(本社/神奈川県川崎市代表/野渡和義)では、汗による肌トラブルをケアする「ユースキン あせもシリーズ」から、汗をふきながら汗による肌あれを防ぐ薬用スキンケアシート「ユースキン薬用あせもシート」を、2016年3月より全国の薬局・ドラッグストアで新発売します。

【汗による肌トラブルケアを外出先でも手軽に】

温暖化の影響により、汗による肌トラブルの増加を背景に、市販のあせも対策製品へのニーズも多様化しています。あせもケアのトップブランド「ユースキン あせもシリーズ」ではクリーム、パウダークリームの治療薬、ジェル状の予防アイテムと、目的に応じた製品を発売しています。 このたび外出先でもサッと汗をふきながらあせもを防ぐ「薬用あせもシート」を追加します。有効成分グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)配合、さらに、ももの葉エキス、アロエエキス、しその葉エキスの3つの植物エキスが、肌にうるおいを与えます。パウダー無配合かつ、シートは柔らかい素材を採用し、肌への刺激低減を追求しました。

【お客様の声から生まれた薬用スキンシート】

2011年の当社調べによると、汗による肌トラブル対策として心がけていることは「肌にやさしいタオルやハンカチなどでこまめにふく」「シャワーをこまめに浴びる」「下着や洋服をこまめに替える」という声が多く上がりました。一方で「汗ふきシートは乾燥しやすい」「肌に刺激がある」といった声もありました。こうした声を重視し、「ふく」だけでなく「うるおう」ケアまで1枚でできるように開発したのが「ユースキン 薬用あせもシート」です。 通勤や仕事の合間、レジャーや行楽などの外出先で、汗をかきやすくシャワーや着替えができない時も、手軽にお使いいただけます。

【夏の汗による肌トラブルの定番、“あせも”と“汗あれ”】

汗による肌トラブルのひとつに“あせも”があります。“あせも”とは、汗が出る管が詰まって汗が皮膚内にたまり、炎症やかゆみ・皮疹を起こしている状態です。 あせもは、かゆみ止め成分が配合された治療薬で、かゆみを止め、かかないようにすることが大切です。また、感染を防ぐために、殺菌成分が配合された治療薬を使いましょう。首やおなか、背中などのあせもは、衣服で擦れて治りにくく、悪化してしまうこともあります。患部を保護して早く治すことも大切です。 汗による肌トラブルは“あせも”だけではありません。汗をかいた後、汗に含まれるアンモニアなどの成分が刺激になり肌があれ、チクチク・ピリピリと感じることがあります。これが汗による肌あれ、いわば“汗あれ”の状態です。“汗あれ”は、顔・額・首・ひじ・ひざの内側、衣類やおむつなどで覆われてこすれる部分に起こりやすく、お子様から大人まで誰もがなりうる肌トラブルです。 “汗あれ”の予防には、しっかり保湿をして汗の刺激に負けない健やかな肌を保つことが大切です。


■発売時期/地域
 2016年3月/全国

■商品仕様

名称 内容 価格

ユースキン
薬用あせもシート
【医薬部外品】

10枚

350円(税抜)

 

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム
【うるおい成分】ももの葉エキス、アロエエキス、しその葉エキス
【効能】
肌あれ、あれ性、あせも・にきびを防ぐ、日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ、肌をひきしめる、皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える
【特長】
・肌にやさしく全身をふける、大判タイプのシートです。
・パウダー無配合なのでしっかりお肌がうるおいます。
・有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」(抗炎症成分)が肌あれ・あせもを防ぎます。
・3つのうるおい成分(植物エキス)配合でお肌にうるおいを与えます。

 
 

 

 

■お問い合わせ

≪報道関係からのお問合せ≫

J&Tプランニング 担当/江藤・市川
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1-2-9
小林ビル4階
TEL/03-5768-7339
FAX/03-3721-1460

 ≪一般からのお問合せ≫

ユースキン製薬株式会社
お客様相談室
0120-22-1413

このページのトップへ