ホーム » 知る・楽しむ » スキンケアのアンテナ

知る・楽しむ 肌のこと、もっと知って、もっと楽しくスキンケア。ユースキン製薬のさまざまな活動、ちょっと役立つ生活情報などをお伝えしていきます。


スキンケアのアンテナ

カユカユ、イライラ…冬はかゆみの季節!? かさつく肌の「かゆみ」にサヨナラ! かゆみの悪循環から脱出するための、デイリー対策。

こんな「かゆみ」経験ありませんか?

冬は寒さに乾燥と、肌にとって過酷な季節。
そして「かゆみ」に悩むシーズンです。
背中がかゆくて眠れない、すねや脚がかゆい、
セーターなどの繊維がチクチクしてかゆい、
肌がかゆくてついかきむしってしまう…。
そんな「かゆみ」でお悩みの方は、正しいケアで「かゆみ」とサヨナラしましょう。

image

 「ついかいてしまう!」 が、かゆみの悪循環に!?

かゆみは皮膚感覚のひとつです。意識してかいていることもありますが、
実は自分でも無意識のうちに「かいている」ことが多いのが問題です。
かいてしまうと、炎症が起きたり、肌が傷ついてしまうことがあるのです。

「かゆみ」の悪循環

ちょっとした工夫でできる「かゆみ対策」とは?

日常生活でできる、とても簡単なものばかり。
今日からさっそくスタートしましょう!

  • お風呂や手洗いの時、熱いお湯と強すぎるシャワーはさける。

    →熱いお湯は皮脂を奪ってしまいます。お風呂のお湯の温度は38〜40℃がおすすめです。

  • 体を洗うときはゴシゴシ洗わない。

    →石けんはよく泡立てて、泡で包み込むように洗いましょう。洗い残しのないようすすぎも充分に。

  • お風呂上がりのスキンケアは10分以内に。

    →冷たい外気に触れることで乾燥が進行します。

  • スキンケアを習慣にする。

    →1日数回クリームやローションを塗り、刺激に強い皮膚をつくりましょう。

  • 洗濯物はすすぎを十分に。

    →洗剤や柔軟剤が布地に残っていると、肌への刺激になってしまうことも。すすぎをきちんと行いましょう。

スキンケアは毎日こまめに。

かさつく肌のかゆみ対策は毎日のスキンケアが一番大切なポイント。
お風呂上がりや寝る前は全身をしっかり保湿しましょう。
乾燥を防ぐことが、かゆみ対策の第一歩です。

肌にかゆみを感じた時は、かかずに治療効果のあるクリームやローションを塗りましょう。

プチコラム

「かゆみは寝ている間におそってくる!?」

寝ている間に背中やスネを無意識にかいている方は、意外と多いのです!
これは、睡眠中に布団やパジャマの布がこすれて静電気が起き、肌への刺激になることが原因のひとつと考えられます。
日中かゆみが気になった部位には、寝る前にもう一度クリームを塗るなどのケアを。肌へのちょっとした工夫で、今夜もぐっすりおやすみなさい…。

image

このページのトップへ